ブロリコ成分原材料

ブロリコの成分原材料の情報はサンプルで確かめられます

ブロリコサプリメントはサンプルの小袋が製造されており、
メーカーに問い合わせれば送ってくれるとのことです。

 

また、ブロリコ研究所というサイトでプレゼント中の資料を取り寄せても、
私が受け取ったときはサンプルが同封されてきました^^

 

 

サンプルの小袋には、サプリメントの栄養成分表示や、
原材料の一覧表、利用上の注意が表示されていたので、
その情報を知りたい方にも役立つと思います。

 

 

それを見てさらに疑問があれば、メーカーが質問を受け付けてくれているのですが、
まずは資料を取り寄せて欲しいといったニュアンスのことが、
メーカーのサイトに書かれていました。

 

 

ブロリコについて知りたいことがあれば、
取っ掛かりとしてまずは資料請求が推奨されているのですね。

 

 

誤字脱字がなく正確という意味では、できるだけサプリメントのサンプルを取り寄せるか、
メーカーに直接問い合わせたほうが良いのですが、

 

ここでは参考として、サンプルの袋に表示されていた情報をまとめます。

 

 

ブロリコの栄養成分

 

食事制限やダイエットをしている方にとっては、
ブロリコの栄養成分は、かなり大事なことだと思います。

 

ブロリコサプリメントの、3粒あたりの栄養成分は・・・

 

 

ブロッコリー抽出物粉末  :300mg
エネルギー   :3.50kcal
炭水化物  :0.83g
タンパク質  :0.01g
ナトリウム  :0.0mg
脂質   :0.02g

 

食塩相当量 :0g

 

サプリメントの量が少ないので、栄養成分もごく少量です。
エネルギーについては、お砂糖1gくらいのもの。

 

 

その他、お薬を飲んでいたり病気で治療を受けているとき気になる成分は、

 

 

ビタミンK : 432ng
カリウム  :7.77mg
プリン体 : 数mg
葉酸  :数μg

 

これらもごく少量です。
ただ、お薬を飲んでいる方がブロリコサプリメントを利用されるときは、
飲み始める前に治療をお願いしているお医者様に
アドバイスを受けてください。

 

 

原材料は?

 

ブロリコサプリメントの原材料には、
サプリメントの原材料を特に意識したことがない場合、
見慣れないものが書いてあると思います。

 

ブロリコサプリメントの原材料は、

 

ブロッコリー抽出物粉末
麦芽糖/結晶セルロース
ステアリン酸Ca
微粒酸化ケイ素

 

 

 

これらの麦芽糖、結晶セルロースなどの、
ブロッコリー抽出物粉末以外の材料は、
主な材料を錠剤として加工しやすくするために添加されています。

 

 

人工的な着色料や保存料は不使用です。

 

 

関連ページ

癌に効果があるとは言えない
ブロリコは癌に効果があるとは言えません。ブロリコは癌の免疫療法を行う医療機関で、医療用のサプリメントが取り扱われているので、癌治療とあわせて使うのはいいようですが・・・
薬との飲み合わせ
ブロリコは食品ですが、医薬品との飲み合わせには注意が必要です。ブロリコにはごく少しですが、医薬品との相互作用が報告されている成分が含まれています。より安全に使用するためには>>
副作用はないけど飲み方に注意点がある
ブロリコは副作用はありませんが、飲み方の注意点はあります。ブロリコは医薬品ではなく食品なので、医薬品のように副作用を心配しなくてはならないものではない。というだけでは不安な方に>>
飲んでみた感想とネットの口コミ
ブロリコの口コミは賛否両論。ブロリコ効果なし無駄!との口コミや期待したような体調の変化を感じたという口コミもあります。結局どっちの感想が本当なのかと思ったら。
ブロリコを子供に飲ませたい/でも安全性が心配なら
ブロリコを子供に飲ませたいけど、安全性が心配。そのように思っている方に向けて記事をまとめました。ブロリコは子供が飲んでも大丈夫とメーカーでは考えられていますが、利用上の注意があります。
ブロリコで口内炎はすぐ治せない?なのに良いと言われる理由とは
ブロリコサプリメントは口内炎をすぐに治せるお薬ではありません。なのにブロリコは口内炎ケアに役立つかもしれない理由とは?それはブロリコに使用されている成分の性質に関係があります。
ブロリコって糖尿病に効かないの?
ブロリコは糖尿病に効くとは、実は言えないものです。血糖値を直接下げるお薬ではないので、糖尿病や高血糖そのものの対策にはなりません。ブロリコが良いと言われる理由とは・・・